妊娠・子育て

中絶、手術の痛みはどれぐらい?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

中絶の費用

妊娠4週頃~11週と6日までは、費用は10万円~20万円位が相場です。

妊娠12週未満は初期中絶となり、基本的には日帰り手術で、週数も早い方が手術費用が少なくなります。

妊娠12週から21週と6日までは、費用は35~50万円程度かかります。

この期間は中期中絶となり、出産と同じような処置をするので入院が必要になります。そのため、費用も高くなります。

初期中絶同様、週数が早い方が手術費用も低い傾向にあります。

手術を行う前に、病院での受診が必要となり,初診を受ける場合には電話予約やネット予約、または予約なしでも可能など、病院によって異なります。

手術前の診察で検査をしたり手術日を決定したり、当日準備するものを教えてもらうといった流れになります。

受診費用は手術とは別途必要ですが、無料の病院もあったり、初診のその日に手術可能な病院もありますので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

胎児の葬儀や供養も執り行ってくれる病院もあり、その際の費用などは別途必要になります。

 


 

中絶はどうやってするの?

妊娠初期(妊娠12週未満)の人工妊娠中絶手術の方法は、掻把法(そうはほう)と吸引法の2通りがあり、初期の手術のほとんどは日帰りで行うことができます。

吸引法について

柔らかいチューブ状の器具を子宮内部に入れ、子宮の中の胎児や胎盤を吸い取ります。

技術の差が出にくいため安全性が高く、また手術時間が短くて済むため、母体への負担が少ない方法です。

但し、施術例が少なく、吸引法の技術を持つ医師が少ないため、限られた病院でしか受けることができません。

掻把法について

あらかじめ子宮口を開き、スプーン状のような器具で掻き出したり、ピンセットのような器具で取り出すといった方法です。

日本で行われる中絶手術のうち、この方法が8割程度を占めていると言われています。

医師の技術によるところが大きいため、技術力の低い医師が行うと母体を傷つけてしまう可能性が高いです。

また、吸引法に比べ時間がかかり出血も多くなりやすいなど、問題点が多く指摘されていますが、古くから採用されている方法なため、掻把法に慣れている医師も多く、現在も多く行われている手術法になります。

妊娠中期(妊娠12週から21週と6日)の人工妊娠中絶手術の方法は初期の手術とは異なり、出産と同じ処置を行います。

子宮口を広げるために1日、翌日に子宮収縮剤で陣痛を起こし、人工的に流産させる、という方法で中絶手術が行われます。

1泊2日、または2泊3日の入院が必要になり、役所への死産届けの提出や、胎児の埋葬といった手続きを行わなければなりません。

病院によっては、中期中絶を受け付けていない場合もありますので確認が必要です。

 

スポンサーリンク

 

痛みのレベル

初期中絶の場合、手術では麻酔を使用するため、手術中の痛みに関しては感じることはありません。

中期中絶の場合も、麻酔を使用する病院であれば、初期同様痛みを感じることはありません。

但し、出産と同じ処置を行うため、子宮口を広げる処置や子宮収縮剤で陣痛を起こす際などに、麻酔を使用しない場合には痛みを感じることになります。

陣痛の痛みも個人差がありますが、重い生理痛やお腹を壊した時など、色々な表現がありますが、耐え難い痛みを感じる人が多いです。

 


 

手術後の痛み


手術中には痛みを感じませんが、術後の痛みは個人差があります。

痛みをほとんど感じない人もいるようですが、術後は子宮の収縮による生理痛のような痛みを感じる場合や3日目頃に強い下腹部痛を一時的に感じるなど、1週間程度何らかの痛みがあります。

一般的には、処方されたものや市販の痛み止めを服用することで、痛みを抑えることができますが、それでも効果が無かったり強い痛みが続く場合は、早めに受診しましょう。

通常、手術から約1週間後に検診を受け、子宮の回復状態を診てもらうことになります。

 


心にも苦痛

妊娠することによって、女性の体は大きく変化します。ホルモンバランスも以前とは異なり心身ともに普段とは違った状態になります。

妊娠中絶を選択する理由には様々な事情があると思いますが、手術をするということは、体にも心にも負担がかかります。

中絶手術を行うにあたって、

中絶手術を行っている病院を探す
病院で実際に受診する
妊娠12週を過ぎると死産届や埋葬が必要になる
妊娠22週を過ぎると中絶できない
手術にあたりパートナーや保護者の同意書が必要
健康保険適用外のため手術費用が高額になる
手術によって子宮が傷つく危険性が少なからずある

といった、多くの負担があります。

決断までの時間が限られていることや手術への不安、罪悪感、今後子供が生めなくなるのではないかという不安など、心への負担も見過ごせません。

 

スポンサーリンク

 

最後に


体への負担が少ない方法や、また術後のケアにも取り組んでいるなど、病院によっては色々な面に力を入れている所もあります。

費用も病院によって開きがあることも事実です。

中絶手術を考えた時に、手術を受ける方のの肉体的・精神的な負担をなるべく減らせるよう、最善の方法を選択できるといいですね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク