健康関連

体重が減少した、、食事以外での原因は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
特に普段通りにしているのに体重が減っていったり、食欲が落ちてしまい痩せてきた、ということはないでしょうか。

加齢によって体重が減少することもあったり、もしかしたら病気が隠れているという可能性もあります。体重が減っていると感じたら、どのように対処したらいいのでしょうか。

 


 

症状

昨今では痩せている方が望ましいという風潮もあり、体重が減ることは良いことのように思われがちです。

・ダイエットをしているわけではないのに体重が減っている
・周囲の人から「痩せた?」と言われることが増えた
・食欲があまりわかず、気分も優れない

といった症状がある場合には注意が必要です。

食事制限や過度に運動をしている、といった理由なく、6か月の間に5%以上、体重が減った場合を病的な体重減少としています。わかりやすい目安として、

・6か月~1年の間に5kg以上の体重減少
・食欲がない、または食事が摂れない状態の継続
・微熱、咳、胃痛、胃もたれ、胸やけなどの症状

このような場合は受診をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

体重減少の原因

精神的なストレス

ストレスが原因で食欲がなくなったり、下痢が起こったり、胃炎や胃潰瘍といった症状がおこるケースがあります。

ストレス状態が続くことで交感神経が興奮状態に、そして消化吸収に大切な働きをする副交感神経が抑制されてしまうため、食欲が減少したり下痢が起こったりしてしまうのです。

食事制限によるバランスの乱れ

むやみに食事量を減らしたり、カロリーの低い食品ばかりをとらないと、筋肉量や脂肪が減るため体重が減少します。

それが続くと身体の機能を正しく働かせることができなくなり、身体に必要な栄養素のバランスが乱れてしまいます。健康に過ごすために必要な体重を維持できず、病的な体重減少につながってしまいます。

エネルギー消費量が過剰

体を酷使する仕事であったり、激しいスポーツを続けていると、過剰なエネルギー消費をしてしまいます。

エネルギー源となるのは体内の栄養分であり、ビタミン、ミネラル等が不足していき、適切に補給されなければ体重が減少していきます。

 


 

食欲があるのに体重が減る

食欲は通常通りにあり、食べても痩せていくという場合は下記のような病気の可能性があります。

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

バセドウ病とも呼ばれ、女性に多く見られる症状です。喉にある甲状腺からホルモンが過剰に分泌される疾患で、代謝が促進されるため、食べていても急激に痩せていきます。その他の症状として、動悸、疲労感、多汗、息切れ、手の震えなどがあります。

糖尿病

常に血糖が高い状態になり、それによってインスリンというホルモンが出にくくなります。糖分をエネルギーとして利用できなくなり、代わりに脂肪や筋肉が分解されエネルギーとして利用されるため、体重が減っていきます。その他の症状として、喉の渇き、頻尿、疲労感などがあります。

 


 

食欲がなく体重も減る

食欲もないため、体重が減少していくという場合は、下記のような病気の可能性があります。

神経性食欲不振症

「拒食症」とも呼ばれ、精神的な側面であらわれる食欲不振です。太ることへの恐怖心から、極度の食事制限や、食べたものを無理やり吐く、下剤を乱用するといった行為によって、極端に体重が減少していきます。専門医による、心身両面の治療が必要です。

慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍

吐き気、胃痛、胃もたれなどの症状によって食欲が減退し痩せていきます。慢性胃炎が進行すると胃潰瘍になることもあり、食べ過ぎ飲みすぎ、ストレスといったことが原因となります。胃潰瘍は食後、十二指腸潰瘍は早朝や空腹時に、どちらもみぞおち周辺が痛みます。これらの主な原因はピロリ菌の感染とされています。

うつ病

特に思い当たる疾患もないが、体のだるさ、気分の落ち込み、気力の低下などが見られたら、うつ病の可能性があります。

食欲がなくなり、食事量が減るため体重が落ちていきます。睡眠が十分にとれなかったり、集中力が低下したり、何もする気が起きないなどの症状がある場合には注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

最後に

体重があまり増えてしまうと健康にも良くありませんが、痩せていることが良いこととも言えません。

適正な体重を目指すのは素晴らしいことですが、極端な食事制限をしたり無理なダイエットをしてはいけません。

たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルといった栄養素をバランスよく毎日の食事から摂取するよう心がけましょう。

また、ストレスを溜めないことも大切です。仕事のことや悩み事は、
早めに吐き出したり1日の終わりに一旦リセットしたり、といった切り替えができるといいですね。

体を動かすことも、ストレス解消にもなりますし、食欲を湧かせるのにとても良いです。そして、なかなか解消されず体重も減り続けてしまうなど、少しでも不安があれば病院を受診することをおすすめします。


スポンサーリンク


スポンサーリンク