生活関連

身長を伸ばしたい!可能性のある方法を紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
身長に対するコンプレックスがあったり、身長がもう少し高かったら、、と考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

身長が高いとスポーツで有利であったり、見た目の問題であったり、職業を選ぶうえで身長制限があったり、このように日常生活では気にならなくても、ふとした時に身長のことが気になってしまうなど、身長を伸ばしたいと思う機会はあると思います。

身長を伸ばすためにできることはあるのでしょうか。

 


 

身長を伸ばすことってできるの?

身長が伸びるとは、そもそもどういうことかというと、骨が成長して伸びるということになります。

成長ホルモンなどの栄養成分が軟骨細胞に行き渡ることで、骨端線と呼ばれる部分付近にある骨の形成に関わる組織などに影響し、骨が伸びていきます。

ですから、この骨端線に成長ホルモンがしっかりと届くことが大切なのですが、身長を伸ばすために必要なことがあります。

・睡眠
・食事
・運動

この3つのこと、しかも質の良い内容であることも重要です。

 

スポンサーリンク

 

睡眠の質をあげる

骨の成長に関わる成長ホルモンは深い眠りに入った状態に多く分泌され、特に眠りについてから3時間までの間に9割ほどの量が分泌されるとされています。

理想的な睡眠時間として

・未就学児は10時間以上
・小学校低学年は10時間前後
・小学校中学年~高学年は9時間半程度

とされていますが、睡眠時間が多くても、途中で目が覚めてしまったり、眠りが浅い状態ですと成長ホルモンの分泌量は減少してしまいます。

睡眠の質を高めるために必要なことがあります。

部屋を暗くして眠る

眠気を促す「メラトニン」というホルモンがあります。このメラトニンは暗い場所で多く分泌されるため、明るい状態で寝てしまうと良くありませんし、寝る前のスマホなどでもメラトニンの分泌が抑制されてしまうため、眠気がこなくなってしまいます。

夜中トイレに起こさない

自分自身でトイレに行きたくて目が覚めた場合は仕方ないですが、おねしょの心配をして、寝ている子供を起こしてしまうのは、深い眠りに入っていた所を妨害することになるためするべきではありません。
トイレが心配であれば、夕方以降の水分摂取の仕方を注意しましょう。

食事は就寝2時間前までに済ませる

就寝前に食事を摂ると血糖値が上がり、成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。成長ホルモンの分泌を十分にするためには、寝る前の食事だけでなくお菓子なども避け、就寝の2時間前までに終わらせるようにしましょう。

起きたら太陽の光を浴びる

日光を浴びることで体内時計がリセットされ、睡眠と覚醒のリズムが整います。

また、睡眠に欠かせないメラトニンですが、そのメラトニンを作るための材料が「セロトニン」です。太陽の光をしっかり浴びてセロトニンを十分に分泌させておくというわけです。

 


 

食生活

骨の成長を助ける栄養素と言えばカルシウムは欠かせませんが、カルシウムだけを大量に摂取するのは良いこととは言えません。

何事もバランスが必要ですので、カルシウムを多く含む食品プラス、カルシウムの吸収を助ける食品を一緒に摂っていきましょう。

また、タンパク質も同時に摂取するとさらに効果的です。

・カルシウム
・タンパク質

吸収を良くするための栄養素

・ビタミンC
・ビタミンD
・ビタミンK
・ビタミンK
・リン
・マグネシウム

ほうれん草や小松菜、納豆や豆腐、青魚など、タンパク質やカルシウム、ビタミンを含む食品は多数ありますので、バランスよく食べて必要な栄養素を摂取するよう心がけましょう。

また、ビタミンDは太陽の光を浴びることで体内でも作られるため、質の良い睡眠のためにも積極的に日光に当たるようにしましょう。

 


 

運動で身長を伸ばす

適度に運動をすることは、骨や筋肉に刺激を与え、成長を促してくれます。

身長を伸ばすための運動としては、縦方向に刺激を与えるような運動、例えば走ったりジャンプをするような動きが良いとされています。

人の骨には重さを感じるセンサーのような働きがあり、運動をあまりしないとこのセンサーが反応せず、強い骨を作る必要がないと判断してしまいます。

ということは、よく運動をしてセンサーの反応を良くしておけば、骨を作る働きが活発になるということですね。かかとの部分にこのセンサーは多く存在しているため、かかとを刺激するような運動がおすすめです。

先ほどの縦方向の動きが身長を伸ばすために良いとお伝えしましたが、このかかとのセンサーを反応させるのに良い動きということになります。

例えば、バスケットボールやバレーボールは走ったりジャンプをしますが、背が高い選手が多いですし、実際スポーツを始めてから背がぐんぐん伸びたという人も多くいるようです。

ウォーキングや縄跳び、ダンスなども効果的ですので、好きな運動を取り入れると長続きしやすいですね。ただし、あまり激しい運動をしてしまうと筋肉や骨、軟骨に損傷を与えてしまうこともあり、背を伸ばすのに支障が出てしまいますので、あくまでも適度に運動するよう心がけましょう。

 

 

みんながやっているテクニック

・ジャンプをして関節をやわらかくする
・鉄棒にぶら下がる

関節を伸ばすことで身長アップにつながると考えているようです。

筋トレをし過ぎないようにする

過度な筋トレは間接に負荷をかけ過ぎてしまうこともあり、骨の成長に悪影響を及ぼします。また、筋肉の成長にエネルギーが消費されてしまうので、あまりハードな筋トレは避けることで骨の成長にエネルギーを使うようにすると良いでしょう。

日常生活で縦方向の運動を取り入れる

エレベーターやエスカレーターを使用せず階段にする、電車で座らず立つようにする、座っている時は姿勢を良くする、といったことでも効果があります。

髪型や靴、ファッションで高く見せる

髪の毛のボリュームを出したり、底の厚い靴を履く、縦長シルエットのファッションを取り入れるなど視覚で背を高く見せるテクニックを使っている人もいるようです。

 

スポンサーリンク

 

最後に

身長を伸ばすために必要な成長ホルモンですが、分泌を促すためには、質の良い睡眠や栄養、そして運動が欠かせない大切な要素であることがわかりました。

遺伝も重要な要素ですが、それ以外の条件をしっかりと整えることで身長は伸ばす可能性は高まります。見直す必要のある部分はしっかりと見直して、生活習慣を整えていきましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク