スポーツ

【動画】ポルト監督が中島翔哉に激怒!理由は守備か?他に原因か?

中島翔哉 激怒
スポンサーリンク

スポンサーリンク

9月15日に行われた、ポルトガル1部第5節、ポルトVSポルティモネンセ戦で、3-2でポルトが勝ちました。

この試合に、日本代表である中島翔哉選手も後半途中から出場しましたが、ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は、中島翔哉選手に激怒した様子で詰め寄りました。

なぜ、ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は激怒したのか?

中島翔哉選手は何をしたのか?

ネット上でも話題になっています。

今回はポルト監督が中島翔哉選手に激怒した件について、ネットの反応含めてまとめました。

【動画】ポルト監督が中島翔哉に激怒したシーン!

動画を見る限りでは、最初普通に話しかけているようにも見えますので、言葉が分からなかったのか、背中を向けたまままで無視しているようにも見えますので、その後の中島翔哉選手の態度に怒ったように見えます。


ポルト監督が中島翔哉に激怒した理由は?

ピッチ上のすぐ近くで中島が指揮官から大目玉をくらう様子を見ていたポルティモネンセのDF安西幸輝は「やばかったですね。監督が翔哉くんにめちゃめちゃ怒っていたので。めっちゃ怖かったです」と語った。

 何がコンセイソン監督の逆鱗に触れたのか。その理由は中島の守備面にあるのかもしれない。安西も「あの監督の戦術って、すごく守備をしっかりやらなきゃダメなタイプだと思う」と分析していた。そして「めっちゃ怖かったです」と繰り返す。

 中島に怒りをぶつけた当の本人は「私たちの中で話し合うべきこと」と、会話の内容や理由について明言を避けた。とはいえ試合でのプレーを見ていると、やはり中島の守備面での貢献度の低さは目につく。

 特に77分の2失点目、安西が右サイドからカットインして強烈な左足シュートを突き刺す場面だった。前線でGKに不要だったと見られるプレッシャーをかけた中島は、ゆっくりとした走りで自陣に戻っていた。

 その間にロングパスでボールは中島のいるサイドで高い位置をとった安西のもとへ。日本代表サイドバックがドリブルを始めた瞬間にでもスプリントをかけておけば、シュート時のカバーに間に合ったかもしれない。

 基本的に中島はボールを失っても攻め残るシーンが多く、対面の安西に高い位置を取ることを許していた。なかなかパスが回って来ず、焦れて下がってからボールを受けても判断が遅れてすぐに奪われてしまいカウンターを食らう原因になる場面も。

 何より中島が入ってから2失点を喫して同点に追いつかれたことにコンセイソン監督が我慢ならず、圧倒的に勝利の流れだった試合を難しくした一因の背番号10に溢れ出る怒りをぶつけたのかもしれない。

 果たしてこの指揮官の激怒は、中島の今後の出場機会の有無につながってしまうのだろうか。試合後の中島はピリピリムードで何も語らず。これからヨーロッパリーグや国内カップ戦などで連戦となるため、指揮官の中島の起用法に注目だ。

引用:フットボールチャンネル

ポルト監督が中島翔哉に激怒している時に、対戦相手のポルティモネンセに所属の安西幸輝選手が、様子を目撃していたようですね。

安西幸輝選手が言うには、ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は、戦術のなかで、すごく守備を重要視しているので、それが怒ったことに原因があるのではという感じで伝えています。

実際に中島翔哉選手に関しては、攻撃面の才能は評価されていましたが、守備が出来ないことに関してずっと指摘されていました。

スポンサーリンク

ポルト監督が中島翔哉選手に激怒した件についてネットの反応は?

長年言われ続けている守備での意識や守備のやり方を徹底的に鍛えるいいチャンス。ポルティモネンセではまだ守備でも今より走り回っていたのだから初心を思い出すしかない。

日本代表のように周り全てがフォローしてくれるチームではないしここで守備を改めなければポルトでは居場所がなくなるし厳しい最終予選なんかでもきっと同じような守備の問題が出てくるはず。

攻撃で多少違いは作れるが、絶対的なものではない。この上のリーグで活躍できるかはわからない。謙虚に地道に守備も磨いていくべき。

昨日のアーセナルのセバジョス。本来は攻撃が中心の選手だが、何度も戻って懸命に守備をしていた。泥臭く味方のために走れない選手は評価されない。

最初は普通に接してて、中島と離れた直後に激怒し始めてたから戦術面もあるが態度面だと思う。言語を理解しきれなかったのでは?

みたいなコメントもあるがカタールの前はポルティモネンセにいたわけでそれで理解できてないのは本人の語学勉強のやる気の問題。

他の人も言っているが組織的な守備を学ぶいいチャンス。香川も守備が軽いと言われるが連動した守備が出来るから色々なクラブで重宝される。柴崎や乾も守備面の成長はすごいので中島にも期待したい。

これは朗報。こんな献身性のない選手ですので、どうぞ干してください。コンセイソン監督はやはり見る目があると思います。

問題は森保監督です。守備を怠る選手、賢く守れない選手は、日本代表には不要です。中島の招集は至急止めてもらいたいです。

守備がザルというより、やってないに等しい時あるからな。それでは、個人としても価値が下がるのもそうだが、チームが危機に陥る。それを全く理解してないから怒られたのだろうな。

プロサッカーでは当たり前なので、彼の言う楽しいサッカーと言うのに当てはまらないと言うことで移籍先を模索するのはダメです。守備もしっかり貢献して試合を決める力を付けて欲しい!

守備をしないなら代表では厳しいのが普通。でも森保監督は呼ぶんだろうなぁ。呼ぶならスタメンじゃなく勝ちに行かなければならない状況で攻めの枚数を増やす起用法ならいいかもだけど。

FC東京でもレギュラーを取れなかったのはそこ。現代サッカーで守備をしなくていいのは、メッシとロナウドあたりの数人だけ。これを機に更にレギュラーでは使われなくなる可能性もあるね。やっぱり中島は点を取る時のオプション。ミャンマー程度の相手ならいいけど、アジアでも最終予選あたりはこのサイドが怖い。


最後に

今回はポルト監督が中島翔哉選手に激怒した件について、ネットの反応含めてまとめました。

ネット上でも、中島翔哉選手の守備に対する指摘はたくさんありました。

これを機にポルト監督のもとで、しっかり守備についての意識を変えて鍛えられて欲しいという声もありました。

いずれにせよ、ポルトのセルジオ・コンセイソン監督のもとで試合に出続けるためには、守備もしっかり行っていく必要はありそうですね。

攻撃面では違いを作れる選手ですので、今後の活躍に期待したいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク