話題のニュース

神戸市教育委員会総務課係長は誰で名前や自殺原因は?教師いじめ問題が動機か?

神戸市教育委員会総務課係長は誰で名前や自殺原因は?いじめ問題が動機か?
スポンサーリンク

スポンサーリンク

2020年2月9日午前、兵庫県芦屋市で、神戸市教育委員会の職員の男性が橋の上から飛び降りて亡くなるといった事件がありました。

男性は自殺とみられています。

この男性は、神戸市教育委員会総務課の男性係長(39)で、2019年10月に発覚した神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題で市教委内の会議の調整に関わっていたということです。

神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題については、その後報道もほとんどなくなり、経過もどのようになっているのか良く分からない事件です。

この事件の調整に関わっていたということですが、今回の自殺となにか関連があるのでしょうか。

今回の記事では、神戸市教育委員会総務課の男性係長が誰だったのか、名前や自殺の原因について調査しました。


神戸市教育委員会総務課係長(39歳)の自殺報道について

神戸市教育委員会総務課係長(39歳)の自殺報道について

9日午前6時15分ごろ、兵庫県芦屋市陽光町の橋の上から男性が飛び降りるのを、県警芦屋署員が発見した。男性は全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

自殺とみられる。署と神戸市教育委員会によると、亡くなったのは市教委事務局総務部総務課の担当係長(39)=芦屋市=で、2019年10月に発覚した神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題に対応していた。

芦屋署によると、同日午前4時10分ごろ、男性の妻から「置き手紙があり、夫がいなくなった」と110番があった。

捜索中の署員が現場付近で男性を見つけて声をかけた後、男性は約10メートル走った後に高さ1・1メートルの欄干を乗り越え、橋から飛び降り、約25メートル下の公園に落ちたという。

置き手紙には自殺をほのめかす内容が書いてあったという。

神戸市教委によると、男性は総務課の調整担当係長で、教育委員会の会議の運営、教育委員との連絡や調整に関わっていた。19年10月に東須磨小の教諭いじめ問題が発覚後、超過勤務が増え、午前0時ごろまで勤務した日もあったという。

今月7日までは出勤していたという。市教委は今後、男性の勤務実態や業務内容を詳しく調べる。

引用:毎日新聞

神戸市教育委員会総務課係長の男性は、妻から「置き手紙があり、夫がいなくなった」と110番があったことから、警察が男性を発見しています。

そして、声をかけた後、男性は約10メートル走った後に高さ1・1メートルの欄干を乗り越え、橋から飛び降りてしまったということです。

警察としてもまさかという事態ではあったかもしれませんが、少しでも男性が話を聞いてくれていたり、このような橋の近くで発見されていなければ飛び込みも出来なかったと思いますので今回起きた事件は本当に残念でなりません。

スポンサーリンク

神戸市教育委員会総務課係長の自殺の動機や理由、原因は?

神戸市教育委員会総務課係長ですがなぜ自殺という選択をしてしまったのでしょうか。

報道では奥さんもいたということですし、年齢も39歳と若いです。

奥さんや家族が悲しむことは分かりきっていたと思いますがそれでも自殺という選択をしてしまったのはなぜだったのでしょうか。。

神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題の対応が自殺の動機?

報道によると、男性は神戸市立東須磨小の教師いじめ問題で市教委内の会議の調整や対応に関わっていたということです。

このいじめ問題が発覚後、男性は超過勤務が増えたり、午前0時ごろまで勤務していた日があったということです。

東須磨小の教師いじめ問題については大きく報道され世間でも騒がれました。

世間からのバッシングも大きく教育委員会のほうにもたくさんの問い合わせや抗議などさまざなことがあったと考えられます。

目に見えない部分の苦労もたくさんあったことでしょう。

実際、超過勤務が増えたり、午前0時ごろまで勤務していた日もあったということなので、精神的に限界になってしまってこのような判断をしてしまったことも考えられます。

もちろんこれが自殺の原因や理由になるかは憶測でしありませんが、相当な苦労があったことは伺えます。

置き手紙には自殺をほのめかす内容が書いてあったということなので、また情報が入り次第、記事を更新していきたいと思います。


自殺した神戸市教育委員会総務課係長は誰で名前は?

今回亡くなってしまった神戸市教育委員会総務課係長は誰だったのでしょうか。

報道によると、総務課の係長で、39歳の男性だったということまでのみ報道されています。

今後捜査が進められ、東須磨小の教諭いじめ問題の対応などが自殺の原因だったなどがあれば、おそらく大きく報道される可能性もありますので、名前などの報道もされる可能性がでてくるでしょう。

現時点ではセンシティブな内容でもありますので報道で明かされる可能性は低いと思われます。


神戸市教育委員会総務課係長の自殺した場所は?

神戸市教育委員会総務課係長が飛び降りたのは、兵庫県芦屋市陽光町にある東灘芦屋大橋とされています。

神戸市教育委員会総務課係長の自殺についてネットの声は?

だいたい、関係ないところで「後始末」をしている人が「過労自殺」する、新型肺炎の対応をしていた「内閣官房」の職員さんも自殺しましたしね。

トップが謝罪して全員「辞職」した場合には、中間管理職がここまで負担に思うことも少ないのですけれどね。

市教委の中で「イジメ」がなかったのか、その調査も必要でしょうね。

神戸市教育委員会は一度解体されるべき
そして、神戸市長そろそろ英断して欲しい
遂に直接関係ないところにまで被害を出してしまったのだから暴行教員4人組は早急に懲戒免職させるべき

真っ当な事をしない人に関わっていると
真っ当な人が苦しむことになり被害がでる
教員のいじめなど、動画を見ていれば一目瞭然
隠そうとしないでほしい

この類の問題で犠牲になるのはいつも窓口となる担当者。上司は担当者任せにして責任回避で逃げ回る。

スポンサーリンク

最後に

神戸市教育委員会総務課の男性係長の自殺報道についてまとめました。

係長という責任ある立場でもありますし、板挟みになって苦しまれていたのかもしれませんね。

しっかりと原因を追究し、ご家族へのケア含めしっかりと対応してもらいたいですね。

亡くなった男性のご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク