気になる話

世界でもっとも黒い黒!?の車がモーターショー2019で世界初公開

世界でもっとも黒い黒
スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年9月12日(木)からドイツで開催されるフランクフルトモーターショー2019で、「世界でもっとも黒い黒」「穴が空いているように見える」ほど黒いボディカラーを採用したクルマを世界初公開するそうです。

車種に関しては、BMWの、新型「X6」とのことで、この車のボディカラーに採用されています。

もっとも黒い黒ってなんだか興味を惹きますよね。確かに黒は黒でもさまざまな黒があると思いますが、もっとも黒い黒と言われてもいまいちピンときません。

そこで、今回はこの「世界でもっとも黒い黒」について調べてみました。

世界でもっとも黒い黒の正体は?

イギリスの「サリーナノシステムズ」という企業が開発した「ベンタブラック」という特殊な黒い塗料のことのようです。

このベンタブラックという特殊な塗料は反射率が極めて低いようで、物体のデザイン上の凹凸を消し去るという特徴があるそうです。

そして、人間の目では2次元の物体のようにしか捉えられないという。


世界でもっとも黒い黒の発明者は?

サリーナノシステムズの創設者であるベン・ジェンセン氏という方のようです。

ベン・ジェンセン氏は今回のBMWとのコラボについて次のように語られています。

「じつは、我々はこれまでさまざまな自動車メーカーからコラボレーションの問い合わせを受けてきたのですが、すべて断ってきました。

 BMWからオファーを受けたときも、最初は保留にしていたものの、新型X6はこれまでのものと外観が大きく異なっていたため、ベンタブラックにもマッチすると感じ、今回のコラボレーションに至りました。

 ベンタブラックが用いられた新型X6は、つや消しの黒いボディや、キドニーグリル、ヘッドライト、窓のディテールとのコントラストなど、すべてが美しく、非常に素晴らしい外観になったと思います。

 ちなみに、ベンタブラックは自動運転技術などで用いられるセンサー機器などにおいても、すでに重要な役割を果たしています」

引用:車のニュース

世界でもっとも黒い黒 世界でもっとも黒い黒

世界でもっとも黒い黒の車についてネットの反応は?

・かっこいいけど、この黒ってライトも吸収するくらいの黒ぢゃなかったっけ
夜危なくね(笑)

・うわー。車には不向きっぽい。夜間は追突されそう。昼間は目立つのかな?実物見たい!

・他の車からの視認性は悪そうだが、大丈夫かね。ガラス部分があるから平気?

・夏場の日本に持ってきたら自然発火しそうやな

・面白いとは思うけど、こんな車、夜間走ってたらちゃんと見えるのかな?

・夜には近くを走って欲しくない車WWW

・世界で最も黒いクルマ、カッコいい…河森監督が、デザイン上宇宙船に黒は使えないみたいな事を言ってたと思いますが、バルキリーやガンダムがこの塗装で宇宙空間にいたら目視では絶対に捕捉できないですね

スポンサーリンク

最後に

今回は「世界でもっとも黒い黒」ついて調べてみました。

確かに車はかっこいいですけど、ここまで黒いと夜はちょっと心配ですね。周りから視認されなく追突などされそうです。。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク