話題のニュース

クレイジージャーニーやらせ問題!爬虫類ハンター加藤英明先生は無実!?

クレイジージャーニー 加藤先生
スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年9月11日、TBSは、バラエティー番組「クレイジージャーニー」でやらせの演出があったとして謝罪をしました。

問題となった企画は静岡大学講師の爬虫類ハンター加藤英明さんが、世界中の珍しい生物を捕獲しに行くという人気企画のなかで行われました。

これを受けて、加藤英明さんもやらせを知った上で番組に出演していたような印象がありましたが、加藤英明さんは知らされていなかったので潔白強調をという声が、ネット上で溢れています。

今回は、クレイジージャーニーの人気企画であった、爬虫類ハンター加藤英明さんについて、ネットの反応含めまとめました。

クレイジージャーニーやらせ問題について

8月14日に「クレイジージャーニー」2時間スペシャルと、同日深夜のレギュラー枠で、爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画を放送。

 放送で紹介した生物の6種類のうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していたことが放送後の調査で分かったと説明した。

 同局は「準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、あってはならないものと考えています。

視聴者の皆様、当企画にご出演いただいた加藤英明さん、また、番組にご出演いただいた方々および関係者の方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

引用:スポニチアネックス

現地の取材協力者に、事前に生物の準備を依頼していたとのことです。

番組を面白くしたい、撮れ高が欲しいという気持ちは分からなくもないですが、やはりやらせと聞くと冷めてしまう部分はありますね。


用意されたとされる生物

1.メキシコサラマンダー 現地協力者が湖で事前に捕獲した個体をネットの籠に入れ、同じ湖に放ちました。

2.アリゲータートカゲ 地面に数センチの穴を掘って、事前に捕獲した個体を放ちました。

3.メキシコドクトカゲ 現地協力者が個体を岩の下に放ちました。

4.ヘルメットイグアナ 取材した大学にお借りし、大学施設内の生息可能性のある場所に放ちました。

また、調査は引き続き行う予定で「過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したものですが、11種類は事前に準備していたものであることが現時点で判明しています」と説明し

「また番組スタッフは、現地の協力者が個体を捕まえた場所に、ロケ当日か前日に個体を戻してもらうことを依頼し、ロケ本番時その場所で捜索、捕獲していたということです」と報告した。その11種類の生物は

2017年2月9日 マダガスカル前半 ヘサキリクガメ

2017年2月9日 マダガスカル前半 ヘサキリクガメ

2017年 2月16日 マダガスカル後半 ラボードカメレオン

2017年8月16日 カメルーン(ゴールデンSP)ゴライアスガエル、ニシアフリカコビトワニ

2018年8月8日キューバ(ゴールデンSP/同日レギュラー枠)ヒメボア、キューバボア、フトヒゲカメレオンモドキ

2019年2月6日 南アフリカ前半 アフリカウシガエル、タマゴヘビ、パフアダー

2019年2月13日 南アフリカ後半 ノドジロオオトカゲ

と発表されている。

引用:スポニチアネックス

仕込みなしで発見できている生物もそこそこいたようですし、これならリアルをそのまま伝えても良かったと思ってしまいます。

いずれにせよ、ファンも多い番組でしたから、このようなことで番組が休止になってしまうのは残念です。

爬虫類ハンター加藤英明は知らなかった

TBSは報道各社へのFAXや公式ホームページで「視聴者の皆様、当企画にご出演いただいた加藤英明さん、また、番組にご出演いただいた方々および関係者の方々に深くお詫び申し上げます」「加藤さんには事前にお伝えしていなかったということです」と記した。

引用:デイリースポーツ

TBSが加藤英明さんには、事前に伝えていなかったと伝えています。

これに対して、ネット上で加藤英明さんはもっと身の潔白を強調した方が良いという声が高まりました。

スポンサーリンク

爬虫類ハンター加藤英明プロフィール

クレイジージャーニー 加藤先生

名前:加藤 英明(かとう ひであき)

生年月日:1979年

出身:静岡県焼津市

出身校:静岡大学大学院教育学研究科修士課程修了

   :岐阜大学大学院連合農学研究科博士課程修了

・日本の爬虫類学者、生態学者

・静岡大学教育学部講師。NPO法人静岡県カメ自然誌研究センター代表。

・爬虫類研究を専門にしており、世界50カ国以上の国々に赴き、現地で希少な爬虫類の生態調査や研究を行っている。


クレイジージャーニーやらせ問題についてネットの反応は?

加藤さん一生懸命頑張ってて、泥だらけ傷だらけでも好きなことを追求して楽しんでいる純粋な気持ちをみんなに見せている素晴らしい人なのに!それを見ている視聴者も共感して一緒に応援しているのに!純粋な人の想いを踏み躙るんじゃないよ!

これは潔白を証明すべき。愛すべき爬虫類ハンターに無礼だろこういう真似は

番組は、良いのを作りたいのは、分かるが、番組側は、視聴率と見せ場を追いかけ過ぎだと思う。もっと共演者と共有して番組を作っていけば、見る側も純粋に見ることができると思う。
松本さん、初め、司会者の3人は、とても悲しんでると思う。

加藤さんの無実をちゃんと周知してくださいね。それにしても製作陣は何を勘違いしたんだろう。ヤラセがなくても十分面白いのにな。

・加藤さん、ただの被害者じゃん。でも、素手で捕まえるのはやっぱりすごい。

・毎週楽しみだったのに残念。

・とても好きな番組だからやめないでほしい。

・レアなモノを捕獲した時の、加藤さんの無邪気な笑顔が浮かんでくる。あんなにいい笑顔をする人をだましちゃいけない。

・毎週必ず見ていました。

・気持ちはわかる、企画を成功させたいのはわかるけど、ガチでやろうよ。

・潔白とは思えない。学者だったら居るはずのないところに生物がいたら、おかしいと思うはずです。

・加藤さんが爬虫類を見つける確率が異常に高いなとは思っていたが、仕込みがあったとは残念すぎる。

・他の旅番組では見る事の出来ないディープな世界が見れてとてもいい番組。

・良い番組なのになー。野生動物を追いかけてるんだから、捕まえられない回があって当然で、それも含めて良かったのに。。。

純粋に爬虫類が好きで番組出演も快く受けてくれた加藤さんの思いを踏み躙る行為。最低な局だと思います。

わざと放って加藤さんに見付けさせて取らせてたとしたらかなり悪質。加藤さんのハイテンションな捕獲シーンが面白いのに、それを取りたいがために踊らせたって事か。
好きな番組だったのに残念。

正直、そんなレアな生物が毎回のように見つけられることに我慢があった。加藤さんが知ってた上で見つけたように装ってたなら正直残念。

TBSは加藤氏は知らないとのことですが、専門知識を持たれていて本当に疑わなかったのかも不思議。専門家として疑わなかったのか?

まぁ、あってはいけないことですが、視聴率をとらなくてはならない現場の制作側は、それだけ上からのプレッシャーがあるということなのかも知れませんね。

わざわざそんなことしなくても、結局捕まえられなかったでも全然OKだったと思うんだけどなぁ。嘘はいかん。

やらせと言うより、ある程度の演出があるのは視聴者も想定内でしょ。クレイジーな人は実在するわけで、知られざるクレイジーな人物にスポットを当てる所はすごく面白い。とれ高なくても面白い番組。パワハラとか過剰演出で不意にして欲しくない。

加藤先生には爬虫類を用意していることを知らせていなかったとのことでしたが、8/14の動画を確認しましたところ、偶然過ぎて信じられませんでした。

加藤先生ほどの人なら、野生の個体と飼育されている個体との違いは気付くだろうな、とは思う。ヤラセに加担したとまでは言わないけど、テレビというものを理解した上で出演されていたんだろうとは判断する。


最後に

今回は、クレイジージャーニーの人気企画であった、爬虫類ハンター加藤英明さんについて、ネットの反応含めまとめました。

ネット上では、加藤英明さんに対して、同情や擁護する声の他、知らなかった訳ないという声も溢れています。

また、番組のファンも多く、打ち切りはしないで欲しいと願う声もたくさんありました。

私も大好きな番組でしたので、打ち切りはして欲しくないですし、やらせをしなくても十分面白い番組として成り立つと思います。

今回の問題が解決出来たら、また再開して欲しいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク