炎上系

ペイペイドームいつから?略すと「ペド」は草!ダサすぎると炎上!

ペイペイドーム
スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年10月30日、ソフトバンクの本拠地「福岡ヤフオク!ドーム」を「ペイペイドーム」に改称することが発表されました。

ツイッターでもトレンド入りするなど話題になっています。

しかし、その名称に「ダサい」「ダサすぎる」というツイートで溢れかえり炎上しています。

山口真帆
【画像】スポニチツーショットつながり証拠写真602!山口真帆反論! 2019年10月30日、NGT48の元メンバー山口真帆さんが、 スポーツ紙(スポニチ)が報じた昨年12月に自身に暴行を...
雪山滑落
直腸癌ステージ4克服!?富士山滑落のニコ生主の人生が壮絶と話題に。。 「ニコニコ生放送」で富士山登山の様子を配信中に滑落したニコ生主TEDZUさんが残念ながら遺体で発見されました。 ネット...

福岡ヤフオクドームからペイペイドームへ名称変更

プロ野球ソフトバンクが来シーズンから福岡市の本拠地「ヤフオクドーム」を「ペイペイドーム」に改称する方針を固めたことが30日、分かった。

親会社のソフトバンクグループはペイペイを冠したスマートフォン決済アプリやインターネット通販を強化している。

今年日本一になった球団の力を借り、一段の知名度向上と消費者への一層の浸透を図る。

複数の関係者によると、福岡市などには報告しており、近く発表する。

ペイペイ(東京)はソフトバンクグループが50%、ヤフーと通信大手ソフトバンクがそれぞれ25%出資し、今後のグループの成長を支える戦略的な中核企業と位置付けている。

既に球場でもペイペイの決済を導入している。球団は人工知能(AI)が試合の組み合わせや順位などを踏まえて需給を予測し、入場券の価格を決める「AIチケット」を本格化するなど新技術の導入にも熱心だ。

球団は今後もグループ企業と協力し、観客向けのサービス向上を図りたい考えだ。

引用:サンスポ SANSPO.COM

スポンサーリンク

ペイペイドームに名前変更はいつから?

かなり不評のペイペイドームですが、いつから名称変更されるのか気になる方も多いと思います。

プロ野球ソフトバンクが来シーズンから福岡市の本拠地「ヤフオクドーム」を「ペイペイドーム」に改称する方針を固めたことが30日、分かった。

来シーズン」とありますが、野球は2月1日から来シーズンが始まります。

ですので、名称変更されるのは2月1日と予想されます。

ちなみに「福岡Yahoo!JAPANドーム」を「福岡ヤフオク!ドーム(略称:ヤフオクドーム)」に変更されたのは2013年2月1日でした。


ペイペイドームを略すと「ペド」草

ペイペイドーム略してペドは酷いと思いました。

ペイペイドームことペド、どうにかして名称変更させない方法はないだろうか


ペイペイドームが「ダサい」「ダサすぎる」と炎上

てかペイペイドームださすぎて草

ペイペイドームとかださすぎるやろw名前変わりすぎてもう「ドーム」としか言わんなぁ

ペイペイドームとかクソださすぎて贔屓の球団だったら寝込むレベル

ペイペイドームださいって思ったけどヤフオクドームの時点でださかった

命名時には「ヤフオクドーム」もクソださいって言われてたはずなのに「ペイペイドームになってもヤフオクって呼び続けてやる」みたいな人がいるのはネーミングライツ効果が絶大なことを感じさせてくれる。

味スタなんかも最初は酷評されてたけど今やもう当たり前のように受け入れられてんね。

このようにネット上ではヤフオクドームからペイペイドームへの変更がダサいとたくさんの人が話題にしています。

名称変更取り消しを考える人もいるので、これほど不評の意見が多いと署名活動などの動きがあってもおかしくない状態ですね。

スポンサーリンク

最後に

ヤフオクドームからペイペイドームへの変更についてネットの反応含めてまとめました。

今日本で一番強い野球チームということもあり、大きく注目を集めています。

ヤフオクドームも違和感ありましたが、少しづつ慣れてきましたので、ダサいとは思いつつペイペイドームもなんだかんだ慣れてくるのかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

木下利華
木下利華のインスタ投稿の内容が異常!長男亡くした後でこれは。。【虐待】 神奈川県川崎市の自宅で、生後1カ月の長男をうつぶせのまま放置にするなど暴行した疑いで30歳の母親が逮捕されるという報...
小栗旬、おばたのお兄さん
【動画】小栗旬テレビ電話で本物の「まーきの」おばたのお兄さん営業中に! 2019年10月27日、お笑い芸人おばたのお兄さんがTwitterで学園祭の営業中に小栗旬さんから連絡があったことをツイート...

スポンサーリンク


スポンサーリンク