話題のニュース

【直撃動画】オダナナが文春砲でヤバイ!手つなぎ半同棲の彼氏の顔は?

織田奈那
スポンサーリンク

スポンサーリンク

欅坂46のメンバー織田奈那さんが文春砲を受け話題になっています。

2019年9月7日、文春オンラインで手つなぎデート&合鍵通い愛と報じられています。

お相手はイケメン服飾専門学生。

ネット上ではすぐに彼氏とされる人物が特定されており、白土陸さんという方のようです。

今回は織田奈那さんの文春砲とお相手についてネットの反応含めまとめました。

織田奈那(オダナナ)の文春砲について

報道内容をまとめると。。

・欅坂46のメンバー織田奈那が21歳の服飾系専門学校生と熱愛が発覚

・男性は人気バンド『SEKAI NO OWARI』の深瀬慧似のイケメンで、合い鍵を持っていて、半同棲状態

・男性の友人からは「一般人じゃない人と付き合ってる」って嬉しそうだったという声

・男性のSNSには織田の部屋と思われる背景がいくつも投稿される

・「起きたら冷房消されてて暑過ぎて死ぬかと思った」など、まるで半同棲状態のような投稿も

・9月2日に銀座の高級しゃぶしゃぶ店から織田奈那と男性が出てくる

・銀座の街を男性と親しげに手を繋いでいた

・織田奈那が住むマンションの最寄り駅からは距離をおいて歩く

・その後時間差でマンションに入った

・翌朝8時、男性は着替えた姿でマンションを出る


織田奈那(オダナナ)の彼氏とされる白土陸について

織田奈那さんの彼氏とされる白土陸さんですが、ネット上すでに特定されています。

スポンサーリンク

白土陸に文春が直撃取材の動画

「交際はしてないです」と否定して仲が良いだけと言ってます。

仲が良いだけで手を繋いでお泊りするするということについては認めています。

さすがにこれは無理がありますよね(笑)


織田奈那(オダナナ)プロフィール

織田奈那

名前:織田 奈那(おだ なな)

愛称:オダナナ  ダニ

生年月日:21歳(1998年6月4日)

出身:静岡県浜松市

身長:162cm

血液型:O型

所属事務所:ソニー・ミュージックレーベルズ


織田奈那(オダナナ)の文春砲についてネットの反応は?

アイドル生命を脅かすような事だと思う。裏で付き合うのは致し方ない事だと思うが、スクープされた以上は弁明の余地がない。

一人の女性が交際するのは何の問題も無いけど、恋愛禁止というルールでアイドルをやっててそれを破ってしまうと彼女に向けられる世間の目が、そういう人なんだなとなってしまうよね。

真剣なら別にいいと思うけどこの記事を見る限り男の方はアイドルと付き合う俺をアピールしたいの?

これは卒業か活動休止も視野に入れないと他のメンバーへの示しがつかないと思う。ファンとしてはある程度覚悟はしてるのは当然だが、恋愛禁止を掲げて売り出してる以上は責任を負わなくてはならない。

恋愛禁止の上でアイドルになる覚悟したなら貫き通すべき。ファンがいる事をちゃんと考えたら裏切る行為は出来ないと思うし、裏切った時点で、隠し通せないなら自ら辞めるべき。だと毎度思うわ。ほんとに恋愛禁止を守ってるメンバーにも失礼。

・弁解の余地もないね。とりあえず、色々な意味で、ただのアホの一言に尽きるよ笑

・サングラスしてるのに骨格で誰か丸わかりなのめっちゃ草

・ダニも志田と同じく、卒業して自由になる事を選びそう。

・今まで散々男扱いされてたから、ちょっと女扱いされただけでコロッといっちゃったんやろな

・彼女もきっと疲れていたんだろう

・体調不良にするか、学業専念にするか、運営は現在必死に話し合っています

・ライブ前夜にベッドの上でもライブなみに体を動かしてたわけか

・本当に彼女の事を想うなら、卒業するまで普通SNSに安易に上げたりはしない。

・人気アイドルとしての自覚を持て。できないならアイドルを辞めた方がいい。

・これは卒業か活動休止も視野に入れないと他のメンバーへの示しがつかないと思う。
ファンとしてはある程度覚悟はしてるのは当然だが、恋愛禁止を掲げて売り出してる以上は責任を負わなくてはならない。

・何故だろうオダナナの熱愛報道は面白すぎる

スポンサーリンク

最後に

今回は織田奈那さんの文春砲とお相手についてネットの反応含めまとめました。

さすがに今回の件は脇が甘すぎですよね。。

男性も男性で、彼女の置かれてる立場にまったく配慮がなく、アイドルと付き合っている自分を自慢したいだけに思えます。

恋愛禁止を前提に活動しているアイドルグループですので、今回の報道は織田奈那さんからすると今後の活動にかなり支障が出てきそうですね。。

ネット上では卒業するのではとそんな声もささやかれています。。

いずれにせよ、今後の動向に注目です。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク