話題のニュース

強要罪とは?宮崎文夫を強要容疑で逮捕状請求!世間は重い刑を願う声!

宮崎文夫 強要罪
スポンサーリンク

スポンサーリンク

あおり運転殴打事件で逮捕された宮崎文夫容疑者を、強要容疑で逮捕状を請求する方針になっていることが明らかになり、話題になっています。

逮捕された場合、あおり運転で強要罪が適用されるのは全国初とのこと。

この事件に関しては、とても悪質で世間でも出来る限り重い刑が望まれています。

今回は宮崎文夫容疑者が強要罪で再逮捕される件についてネットの反応含めまとめました。

そもそも強要罪とは?

本人または親族の生命・身体・自由・名誉・財産に害を加えると脅迫し、または暴行によって人に義務のないことを行わせ、もしくは権利の行使を妨害する罪。刑法第223条が禁じ、3年以下の懲役に処せられる。

引用:goo 辞書

脅迫や暴行という方法で、相手の与えられた権利の行使を妨害することのようです。


宮崎文夫が強要罪で再逮捕される経緯は?

事件は、宮崎容疑者が運転する車で被害男性の車の進行を阻み、男性の車を無理やり停止させ、「殺すぞ」などと脅し男性の顔面を複数回殴打したとされる。

その直前には、男性の車の周辺で数キロにわたり、急な車線変更や減速などの「あおり運転」を繰り返した疑いがある。

捜査関係者によると、あおりや無理やり車を停止させるといった行為が暴行に当たり、暴行によって被害男性の走行の妨害したとみて、県警は強要容疑で再逮捕する方針を固めた。

県警の交通指導課と高速隊は8月31日、常磐道上り線谷和原-柏両インターチェンジ間を約2時間半にわたり通行止めにし、被害男性立ち会いの下、実況見分を実施。

男性の証言やドライブレコーダーの映像を精査しながら、捜査を進めていた。

警察が「あおり運転」を暴行容疑で立件した事例はあるが、暴行罪は傷害罪同様、罰金の略式命令になるケースが多い。

一方で、強要罪の刑罰は3年以下の懲役で罰金刑はない。県警は暴行容疑での立件も視野に入れていただけに、より厳罰を求める形となった。

事件を巡り、種部滋康県警本部長は8月21日の定例会見で「厳正に対処するという基本的な考え方の下、捜査を尽くし、事件の解明を進めていきたい」と述べていた。

引用: 茨城新聞クロスアイ

スポンサーリンク

宮崎文夫が強要罪で再逮捕の方針についてネットの反応は?

多くの人が出来るだけ重い刑をと願っている事件。現行の裁判ではその願いまで遥かに低いものとなるだろう。

今のままでは絶対に納得がいかないので一日も早くあおり運転に対する刑を作って欲しい。殺人未遂と同等は最低欲しいところだ。

やってしまったことは勿論だが、この世が自分中心で動いているという考えを持っていることが許せない。あおり運転も含めて最近の犯罪は自分の気持ちを制御できず、全てが思い通りにならない人間の八つ当たりだ。

そんな犯罪者を税金で生活させる必要性からして考えるべきであり、教育刑そのものも考え直すべきだ。

東名でのあおり死傷事故でもわかる通り、高速道路で車を無理矢理停車させる事は命の危険に繋がる恐れがある。

結果として重大事故には繋がっていないが、殺人未遂ではないかと個人的には思う。いずれにしろ、再びハンドルを握る事が無いよう厳罰を望みます。

世間に衝撃を与えた事件の一つ。厳罰を与えないと、あおりは減らない事になるとなり、誰も納得しない。

あおりを減らす為にも注目を浴びてるこの事件は厳罰に処すべき。これがメディアが取り上げていなければ、警察はヌルい捜査で逮捕して間違いなく罰金で済んでたれ

今回の警察はかなり本気で、それは素晴らしいと思います。しかしながら、この事件を教訓にしなければ単発の事件で終わります。

私が毎朝通る国道も車間距離を詰めて、凄い運転をする車がいます。警察に通報しても効果はありません。結局は事故が発生して、更にマスコミ等で取り上げられないと警察もうごかないからね。焼け石に水ですね。

あおり運転とオレオレ詐欺と窃盗犯だけは、マジで重罪にしてほしい。それも罰金刑ではなく実刑で刑務所に何十年もぶちこんで出てこないようにしてほしい。

それと、少年法も廃止すべき。大人と同じ扱いにすべき。人権派とか言う奴等がいるけど悪いことしたらそれ相応の罰は絶対に与えるべき。償いはしなくてはいけない。

刑法改正は当然だと思います。しかし、免許は現行法では6ヶ月の免停処分になるとの報道を見て、こちらの方の法改正を優先してやって欲しい。懲役になっても出てきたら免許があって運転出来るなら、罰を与える意味がない。

煽り運転をやれば、最悪免許を二度と取れないようにする法改正は絶対に必要だと思います。これをやらないと抑止力にならない。

・早くあおり運転罪を作り刑罰を重くして欲しい

・懲役刑になっても執行猶予が付いたら何の意味もない。実刑にしないと世間は納得しないでしょう?

・あれだけいきがってたくせに、逮捕の時は顔隠してて笑える!

・あおり運転の撲滅を願います。

・あとは裁判所の判断か。とりあえず勾留しといてほしい。

・茨城県警頑張ってください!

・どれだけの刑罰になるかはともかく、車の免許は永久に与えてはいけない。

・二度と社会に出られないようにして欲しいですね。

・こいつだけは見せしめの為にも厳しい刑を与えるべき!当然あの女にも同罪でも良いのではないか!

・危険運転致死か殺人未遂は?

・こんな無理矢理な解釈するより早く法改正をしてくれ。


最後に

宮崎文夫容疑者が強要罪で再逮捕される件についてネットの反応含めまとめました。

世間の声としては、やはり重罪を願う声が多いですね。

これだけ悪質なことをしたのですから当然ですね。

また、今回の件で罪を重くすることで見せしめにして、世の中のあおり事件が減ることを願っている人の声も多くありました。

本当に同感ですね。あまりにも煽り運転をする人が多いのが現実ですからね。

程度はあるにせよ、車を運転している人で、いままでまったく煽り運転にあったことが無いなんて方は、ほぼ皆無なんではないでしょうか。

高速道路で車を止めさせて、暴力を振るうなんて本当に悪質ですし、少しでも重い罪になって欲しいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク