スポーツ

久保建英の日本代表招集はなぜ?ファンから賛否の声が続出!

日本代表
スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年8月30日、日本代表メンバー23人が、日本サッカー協会から発表されましたね。

今回の招集はキリンチャレンジカップ2019のパラグアイ代表戦と、カタールワールドカップ・アジア2次予選初戦、ミャンマー代表戦に向けて招集されました。

招集メンバーには、8月22日にレアル・マドリーからマジョルカへのレンタル移籍が決まったばかりの、久保建英選手も含まれています。

ですが、久保建英選手の招集についてファンの間で賛否の声が出ています。

今回はなぜ久保建英選手の招集が賛否が出ているのか調べてみました。

日本代表メンバー23人はこちら

▼GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シント・トロイデン/ベルギー)

▼DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー)
安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
冨安健洋(ボローニャ/イタリア)

▼MF
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(デポルティーボ/スペイン)
遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
板倉滉(フローニンゲン/オランダ)
堂安律(PSV/オランダ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)

▼FW
永井謙佑(FC東京)
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)


久保建英の日本代表招集について賛否の理由

久保建英

まず一つに、久保選手は8月22日にレアル・マドリーからマジョルカへのレンタル移籍が決まったばかりということがいわれています。

移籍したばかりで、チームに定着してない中、直後に日本に帰国を強いられるのは、今後の新チーム適応の妨げになりかねないと不安視されています。

実際、移籍したばかりの状況ではチーム内で確固たる居場所を築きあげるためのアピールが必要になりますし、それが今回の日本代表招集により影響がでないか心配の声が上がっています。

次に、キリンというスポンサーに気を遣って招集したのではないかともいわれています。

久保選手と言えば、いまや国内外関係なく、連日メディアで報道されるなど大スターというような状況です。

このため、日本で開催されるキリンチャレンジカップに久保選手が出るとなれば、話題になるでしょうし会場に訪れるファンも相当なものでしょう。

「客寄せパンダにするな」など、このようことからも賛否が出ているようです。

そして、もう一つワールドカップ・アジア2次予選とはいえ、格下相手に起用されることも賛否の声の中にありました。

これに関しては、同じく久保選手と同じように天才と言われていた小野伸二選手と重なっている人もいるようです。

小野選手はシドニー五輪アジア1次予選のフィリピン戦で、悪意に満ちたタックルで、左膝靭帯断裂という重傷を負っています。

小野選手自身が「あのケガで、僕はすべてを失った。」と伝えています。

相手も必死ですので、格上相手の場合、勝つために反則覚悟のプレイをしてくるというのはよくあることです。

このような理由で賛否が分かれています。

久保建英の日本代表招集についてネットの声は

久保建英

・見たい気持ちはありますが、移籍したばかりの選手はやはり呼ばない方が良いかと思います。クラブに戻ってから影響が無いといいのですが…

・みんなのコメントにあるように、親善試合や格下相手の試合に、レギュラー奪取に集中したい海外組を集めるのはいかがなものか。監督の意向よりスポンサー事情なのはもうわかってる。キリンもこのままだと負のイメージがつくことにそろそろ気づくべき。主力が集まらなくて憤慨するファンは少数だよ。w杯6回出場して、ACLの真剣勝負を見てきたサッカーファンは、もはや成熟してきてるのです。これまでのキリンのバックアップには感謝するけど、今後はスタンスを変えたバックアップをお願いします。

・9月は海外組の開幕だから招集すべきでない。欧州での代表戦ならば海外組は都合良いとは思うが日本開催ならばJリーグから選出すべき。むしろ国内組にチャンスを与えるべき機会だと思います。協会寄りの選出やスポンサーへの配慮は一切要りません。考えるべきは選手のコンディションが第一

・フル出場させないなら招集するべきではない。今までも招集しても使わない選手を何人も見てきた、欧州に残ってたらレギュラーを取れたかもしれないチャンスを逃した選手が気の毒だ。

・久保がスーパーな選手であることには違いないが、プリメーラでの実績は無いんだから今回の召集はタイミングが悪すぎる。久保のポテンシャルが見たいと言うだけなら南米選手権で十分にチェック出来たはず。となると、今回の召集は客寄せパンダとしての召集か。選手の将来を考えているようには見えんな。

・賛否あるのは当然。ただ、一方的ではなくお互い了承しあっての参加となるはずなので、素直に応援したいと思います。移籍直後でチーム適応を優先した方が…とかハードな日程で大丈夫か…とか、こんなにも多くの人に心配してもらえる選手なんだなぁっと改めて感じました。様々な経験を経て、更に成長して欲しい!

・代表監督は一試合一試合でクビを切られるか査定される立場にある。それゆえに、その時その時で呼べるベストメンバーを選択すればいい。クラブの事情とか、相手が格下だとか、親善試合だからとか、そんなこと考える必要はない。

・代表監督は日本代表チームの強化を優先する。選手もそれらをこなしてこそ一流。お互いの立場は厳しいだろうけど上手くいってほしい。

・久保も堂安も中島も新天地に移籍してポジション掴めるか大事な時。そして久保に関しての心配はやはり小野伸二の事が頭に残ってるからだと思う。壊されない事だけ祈りたい。

スポンサーリンク

最後に

今回の久保選手招集に関してはファンの間で賛否が分かれていますが、割合的には「否」と考えてる人が多いようですね。

もちろん、日本代表で久保選手の姿が見られるのは嬉しいことですが、それ以上に久保選手の将来やコンディション面を心配する声が多いようです。

ですが、森保監督もいろいろな考えがあった上での招集ではあると思いますので、引き続き応援していきたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク