気になる話

【炎上】ブス企画とは?アベマTVの番組がSNSで批判集中!!

おぎやはぎの『ブス』テレビ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

AbemaTV(アベマTV)の企画が、SNSで批判が集中して、ネットニュースでも取り上げられました。

どんな内容の企画だったのか?

どのような批判が出ているのか?

今回はAbemaTV(アベマTV)の批判集中した企画について、ネットの批判を含め調べました。

批判集中したAbemaTV(アベマTV)企画

批判が集中しているのは、2019年9月9日にAbemaTVで放送された、「おぎやはぎの『ブス』テレビ」という番組の企画のようです。

問題となった企画内容は、「ブスはいくらで脱いじゃうのか?」という企画です。

番組内では雑誌の取材と称して、偽のスタッフが女性6人に個別インタビュー。取材の最後に「ヌード撮影をするとしたらいくらなら脱ぐか?」と問いかけ、その金額をランキング形式で発表。コーナーの終盤には、「出版社のみなさん、リーズナブルな女の子もいますので、オファーお待ちしてます」とナレーションが流れる一幕もありました。

 また、AbemaTV公式Twitterでは「ブスにヌードのオファーがあったら…いくらで脱いでしまうのか大検証😘 『〇〇万円!』ブスの口から驚きの金額が飛び出す!!」との告知ツイートも。

引用: ねとらぼ

この企画により、ネット上で批判が集中しています。

ちなみに、この番組は9月9日の放送日から1週間、無料で配信中のようです。


AbemaTV(アベマTV)のブス企画についてネットの反応は?

ブスにも、処女で身持ちの堅い人もいれば、安売り尻軽もいるでしょう。美女だって一緒。見た目の美醜でレッテル分けしても、カテゴライズは出来ないし、信憑性がない。よってやる意味がない。

何でも許されるの?企画を考えた人、実行した人、進行した人たちはどれだけの容姿を持っているの?くだらない事でも笑えればいい?ついていけない世の中だと感じる。

顔の美醜と、いくらで脱ぐか脱がないか、ということに相関関係があるとは思えない。そもそも、そんなことに興味がある人が多数存在するとも思えない。嫌なら見なければいいとは思う。とはいえこんな企画が通るのは不思議。

批判の理由は、ブスだからいくらで脱ぐとか美人だからいくらで脱ぐとかの問題ではない。勝手にブスだと決めつけて、ブスをおもしろおかしく盗撮して見下したような放送のしかたをしていることが問題。金額やランキングの問題ではないが、ある程度の需要、視聴率があると見越したから企画が通ったんでしょう。

容姿のいい人>容姿の良くない人ってのは人類普遍の価値観だろうけど、建前では人は皆平等でなければならない。容姿の良くない人を無意味に嘲るような番組は、批判されても仕方ないだろう。

美人のほうが見せたいので脱ぐ人は多いでしょう。男の私だって若いころのシュワちゃんみたいな体だったら見せたいと思うし。その逆の心理を企画にしたかったんだろうけど、そもそも「ブスは」とかいう時点で失礼。

とにかく、他人の容姿を笑うな、これに尽きる。特に異性が異性の容姿を笑うのは見ていても嫌な気持ちになる。なんでこんなイジメの番組がまだあるんだろう?

自分には娘がいるが、器量は良い方ではないがかけがえのない大事な子供です。社会に出た時このような人達にぞんざいに扱われるのが不安に感じます。

先進国の中で日本ほど容姿や年齢などを笑いのネタにするような国は他にないのではと思う。これでは他国を民度が低いとか言えないと思います。

「ブス」の何処がいけないのか?批判すること自体がおかしい、人は感覚で生きているブスと思う人、いや可愛いと思う人それぞれ、本人が自分はブスだと思っていても他の人はどう思っているかは分からない本人の意思で出演しているなら周りがとやかく言う必要がない

でもハゲは笑いものにするんだよね。みんな自分が嫌だったり自分に不利益だったりするものに対して、全力で権利を主張し、自分に不都合なものを全力で差別する。そもそも一つとして同じものがないんだから差別がなくなるわけがない。

・別にブスじゃなくてもお金目欲しさで脱ぐ人は、沢山いると思いますが。

・やってはいけない事ってあるよね

・これは批判されるのを承知でやってる企画でしょ。

・なんか過剰反応しすぎのような気もする

・こんな企画、SNS時代の今じゃ叩かれるに決まってんでしょ。企画考えた人は考えが古い。

・これってブスにやったから差別なの? それだったらそれ自体が恐ろしい差別的な考え方だと思うけどね。

・地上波じゃないから出来ちゃうって、制作者側が思っていることが、本当にインターネット業界のプロなの?と思ってしまう。

・美人の方が自信があるから抵抗ないのでは?自信がなければその分恥じらいがあるから極力脱ぎたくない。

スポンサーリンク

最後に

今回はAbemaTV(アベマTV)の批判集中した企画について、ネットの批判を含め調べました。

さまざまな意見がありますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク